アルファラバルはコア技術のリーディングカンパニー

アルファラバル社は、熱交換・分離および流体制御の3つのコアテクノロジーを研究・開発する企業です。世界的な企業であり、製造拠点は世界に42ヵ所(ヨーロッパ22ヵ所、アジア10ヵ所、米国8ヵ所、ラテンアメリカ2ヵ所)、販売拠点は世界に50ヵ所、およそ100ヵ国で製品を販売しています。


130年以上の歴史をもち、常に研究開発を怠らず年に25〜30種類もの新製品を発売しています。

アルファラバルに今、注目が集まっています。

研究開発費は年間売り上げの2.7%にも及びます。
アルファラバル社のもつ技術はすべての産業において欠かすことのできない技術です。熱交換の代表として‘ボイラー’があります。


ボイラーは燃料を燃焼させて熱を発生させて水に伝えて、水蒸気やお湯に換えるものです。



それらで得た蒸気のエネルギーをタービンと軸を介して回転運動へと変換する外燃機関で、蒸気機関、火力・水力・原子力などの発電やポンプ駆動などの産業に使われます。

この蒸気タービンは創業者のグスタフ・デ・ラバルがこの蒸気タービンを発明しました。

流体制御では、様々な特性をもつガス・液体を制御することで、いろいろな製品を生産します。



半導体デバイスや液晶ディスプレイ、LED、太陽光発電などの生産に欠かせないものです。


ガスや液体の流量を正確に計測する技術をもつことが、生産効率を大きく左右するため、アルファラバルの技術がとても役に立つものです。


コアテクノロジーは生活の基盤になる技術で、農業や工業、発電、自動車などに限らず様々な分野や機能に欠かすことができない技術であり、アルファラバルはその技術において世界のリーディングカンパニーになっています。