省エネと地球温暖化の関係と対策

地球の温暖化ということが、現在の環境対策の中で大きなテーマになっています。
それは温暖化によって、海水の膨張、大規模な気候の変動、異常気象、熱帯性の様々な影響ということが起こり、特に集中豪雨、がけ崩れなど災害に結びついて多くの人に被害を与えていることもあるからです。その原因の大きなものとして二酸化炭素の排出量が増大してきていることが挙げられています。

安心、信頼の省エネはかなり有益な情報が揃っています。

社会の文明化が進み、あらゆるところでエネルギーが使われ、その結果として二酸化炭素が発生しているということもあります。だからこそ、世界の各国も省エネということに真剣に取り組んでいるところです。



一言で言えば地球にやさしくということになりますが、それは国レベルや産業レベルで取り組む問題と同時に、一般家庭でも取り組み、地球温暖化防止に一役買えることもあるので、この点がとても大事なことになります。家庭で出来る省エネとしては、二酸化炭素を減らすという点で、次のようなものになります。
自動車のアイドリングストップを心がける。


同じく運転しなくても良いときは公共交通機関を利用する。


お風呂の追い炊きの時間を少なくする。
同じく、保温のための種火は使わない。

エアコンの温度は適度に保ち、不要なときはOFFにする。
扇風機との組み合わせも考える。

マイバックを持参して、買い物袋は省略する。
ごはんやおかずは、必要な量を用意し、余りものをゴミとして出さないようにする。その他にも家庭で出来る省エネはたくさんあるので、二酸化炭素発生に結びつくことは極力セーブし、地球温暖化防止に貢献することが、いずれは私たちの生活に潤いをもたらしてくれることに繋がります。